悩み

黒い首のイボの取り方について

多くの人が30代から40代を迎えると、黒い1ミリ程度から3ミリ程度の小さなイボが首の周りにできます。この首イボの正体は「老人性ゆうぜい」と言い、加齢によって首の周りの角質がイボ状に飛び出てきたものです。一つ一つは小さくても、黒い色味に加えて、いくつもできてしまうので、この首のイボを取りたいと思う人は少なくありません。
これを取る方法はいくつかありますが、即効性が高いのは、首のイボをそのまま取ってしまうというものです。当然、痛みを伴いますし、跡が残ったり、再発したり、黒い色素が残ってしまったり、傷口から炎症を起こしてしまう可能性があります。自分で行うのは危険なので、お勧めできません。どうしても自分で取りたい場合は自己責任で行いましょう。小さなイボであれば、医療機関で、医療用のはさみを用いて切除してくれることもあります。
皮膚科や美容整形外科でも、この黒い首のイボを焼き切ってもらえます。これらの医療機関では、マイナス200度にもなる液体窒素でイボを瞬間的に冷却します。凍ったイボはかさぶたとなり、数週間で剥がれ落ちるというものです。もし、首のイボが1センチを超えるような大きいものであれば、メスを使用して切除し、傷口を縫合することとなります。
もっと穏やかにゆっくりとイボを治したい場合は、ヨクイニンの入ったサプリメントや美容液を使用するのもお勧めです。ヨクイニンにはハト麦に含まれ、古来からイボ取りに用いられています。