キャッシング

学生のキャッシング枠はいくらまでが安全?

学生でも借り入れが可能なカードローンやキャッシング枠が出ていますが、実際に借りる場合にキャッシング枠はいくらにしておく方が安全なのでしょうか。アルバイトなどで継続的に収入があり、審査上では50万円近くの限度額でローンが組めたという学生もいるようですが、実は30万円程度の枠にしておいた方が安全だと言われています。
そもそも学生でアルバイトをするのであれば、保護者の扶養の範囲内で働こうと考える人が多いはずです。つまり年収で考えると103万円程度、月々に換算すると約8万5千円とする人が多いです。法律でも総量規制と言って、消費者金融からの借り入れは全ての負債を合わせて年間収入の3分の1までと決まっています。100万円の3割、つまり30万円前後が数字的に見ても学生のキャッシング枠としても安心です。
もちろん節制できる人であれば審査が通ったキャッシング枠で利用しても問題はないのですが、学生に誘惑はつきものでお金はつい使ってしまうものでもあります。自分のアルバイト代や収入に見合った安全な枠にしておいた方が無難と言えるのです。また、学生がお金を使う1番の理由として免許取得があげられますが、実は免許の取得に対する費用は総合しても30万円以下になることがほとんどです。使う予定以上のお金を借りるよりも、ギリギリ賄える程度のお金にしておいた方が無駄使いもしなくて済みます。学生キャッシング枠は増額などがしづらい特徴がありますが、利用すると学生のうちから金銭感覚を身に付けられる便利な商品とも言えます。
キャッシングで即日借りれる【お急ぎの方必見】はこちら